読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とり家の日記

わが家のあれこれ。

親になって

娘は今1歳1ヶ月。

最近、
私なりの悩みが増えてきました。



周りの子は歩いてるし、
もう幼児じゃん?!と
軽くショックを受けたり( ̄O ̄;)



周りに何カ月〜?と聞かれたら
一歳でーす。と正直に答えてるけど、
その後の反応に困ったり(^_^;)



あとは、
やたらと他の子と比べる人が居て
しんどかったり´д` ;


会うたびに色々言われ、
パパは隣にいるんだけど
聞こえてないので、
帰ってからパパに話しました。

その方とは距離置いてるけど
こんな事、これから先沢山あるのに…と
自分が情けなくなります。






因みになんですが、
パパは補聴器をつければ
日常生活はできます。





お義母さんによると、
パパは先天性両耳感音性難聴で、
分かったのは5歳の時らしいです。



一般的に
難聴は早期発見しないと
学習能力に遅れがでるそうなので、
(理解する能力は十分あるのに、
耳からの情報が遮断されてしまう為)

5歳で分かったのは
遅かったのかも??しれません。

その頃は90dBで、
高度難聴だったそうです。




授業も殆ど
聞こえてなかったそうですが
自宅で必死に勉強した結果
理科大学、大学院を卒業し

今は健常者と同じ扱いで
大手メーカーの正社員として
働いてくれています。



本人の努力もすごいですが、
お義父さん、お義母さんは
必死で支えてこられたのだと
思います。

本当に尊敬します>_<



もちろん、
子供に障害や病気が
あっても、なくても、
親としての努めや悩みは
尽きないと思うので…

私もこんな事でつまずいてたら
いけませんね>_<



因みにパパは
感音性難聴は絶対治らないと
言われたそうですが

20歳過ぎから少し
良くなったそうです。

理由は分かりません。



そういう経験もあってか
いつも動じず冷静ですし、
諦めず楽観的でいてくれます。


私にとっても自慢で、
頼れる主人です。



私もゆっくりでもいいから、
母として、娘を支えられる存在に
成長していかないとなあ(^^)