読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とり家の日記

わが家のあれこれ。

通院と、主人との会話

半年ぶりにこども医療病院へ行きました。



身長72.6㎝
体重9.2kg



身長伸びたなーとは思ってましたが、
突然めっちゃ伸びました( ̄O ̄;)!



因みに急に足も大きくなって
靴がサイズアウトしそうです。



f:id:hnhnhnchan:20160712220439j:image



西◯屋で買ったサンダル。
ぱかっと開くから
足の甲が厚い娘でも履かせやすいです。


…が!!!
ワンサイズ大きめでも
横幅が狭い感じ…´д` ;
気に入ってるんだけどなあ…。







…話は戻って、、、(笑)


普段は家の近くの病院に通っているので
次のこども医療の診察は
1年後になりました。



帰りに近くのサイゼでご飯(笑)
カメラにバイバイしてる(^^)


f:id:hnhnhnchan:20160712221655j:image






ーー

こども医療病院に来るたび、
色んな病気があって
子供たち皆、頑張ってるんだなと
感じます



大分前ですが、主人と会話していて
自分は無知だと
痛感する事がありました。



病気や障害を持って産まれる子は
全体の半分くらいいると思う。
うちに産まれて良かったね。

…と言っていたのですが、



半分もいるのだろうか?
10%くらいではないのだろうか?
と引っかかりました。



実際どうなのかは分かりませんが、
病院に通った数、
障害のある人と触れ合った数、
自分自身の身体と向き合った数、



色々なことを含めて
そういう差が出たのかなあと
感じました。




それからはハンデのある子
活躍している記事を見つけると
切り取ってファイリングしたり、
NHKの番組もチェックするようになりました。



娘のために
一つでも多くの知識が得られたらと思って
始めたのですが、

「自分の身体が大多数と違う」と悩んだ時
どう支えてあげればいいか
まだ自信がありません。




ある時主人に
(パパは生まれつきハンデがあるから)
パパには心を開いてくれるかもしれないけど
「ママは健常者だから、
ワタシの気持ちが分からない」
…と娘に言われる日がくるのかな?

と相談したことがありました。



すると、
何でそんなに悩むのか分からない、
どれだけ大切に思っているか
伝えていけばいいだけのことだ。
と言われました。



そんなに簡単にサラッと言われても…。。
とその時は思いましたが、

よく考えたら
彼自身が親にされて嬉しかった事を
言っているだけなのかな…と思いました。



私が思っている事と
娘がしてほしい事があっていないと
意味ないんだろうか…。

簡単なような、難しいような…。



まだまだ迷ってばかりで
自分の情けなさを反省する毎日ですが、

大切な娘の心に
いつも寄り添っていられるように、
親として成長していきたいと思っています。



f:id:hnhnhnchan:20160715223708j:image