読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とり家の日記

わが家のあれこれ。

主人の誕生日

数日前ですが主人の誕生日でした。



出会って4年しか経っていないのですが、
色んなことを教えてもらってる気がします。




まずは自分を愛することの大切さ。



主人はカラオケが好きです。

あまり聴こえてないので
音程やリズムは外れてるんですが…。。。
(歌詞もあやしい)



歌が上手かったら自分の弱点がなくなるから
これでいいんだと言っています(笑)



一見言い訳っぽいですが(笑)
自分を受け入れて生きているんだなと
感じます。




私自身は自分を愛することが出来ず、
相当追い込む性格でした。



身体中を傷つけて血だらけだったり、
酷い時はしょっちゅう記憶が飛んで
何してたんだか思い出せないことも(笑)

説明が難しいのですが
人の何倍もやらないと生きる事が許されない、
死にたいのか生きたいのか分からない、
自分が許せない、
…何だかそんな感じでした。



アナ雪じゃないけど(笑)
ありのままって難しい。

けど、
母である私が自分を愛せなかったら、
娘も自分の身体を愛せないのだろうなと
主人を見て気づきました。



(アナ雪…観たことないんだけど……笑)







自分に自信があるから
出来ることなのかもしれないけど、

自分は自分、他人は他人だと
割り切る事も必要なのかなと感じます。



インターネット上には
障害者の悪口ばかり書かれています。

見たくなくても見てしまう。



マスコミも悪質なときがある。



数ヶ月前の記事で、
「全員聴覚障害者が起こした事件!」
…とあったけど、

そこを見出し第一声に使う必要
あるんだろうか。

聴覚障害があったってなかったって
同じ人間なんだから関係ないと思うが。



障害者に税金使ってるんだから
犯罪するなとか、
ネットのネタになりそうな見出し。



相模原の事件もだけど、
犯人をヒーロー視する人がいるのも確か。
障害者=荷物だと思われている。



主人は
世の中には沢山の人がいるんだから
そう思う人と思わない人が
半々いたって何の不思議でもない。
匿名だし叩く人が多く感じるだけ。
と言っていました。



こう思えるまで何度傷ついたのか、
想像すると辛くなります。

(それに想像する事しか出来ない時点で
主人、もしかしたら娘に
寄り添えてないのではとも感じます。)








自分には出来ないこともあるけど、
出来ることも沢山ある。

ひっくるめて自分なんだから
それでいいじゃないか。



肯定しながら
自分自身と向き合っていくって
私とは逆の生き方だったからか?

そういう考えもあるんだなと
勉強になります。



f:id:hnhnhnchan:20161010212116j:image